SEO内部対策

テキスト要素を最適化する具体的なテクニックを説明する前に、 考え方(フレームワーク)を説明します。基本的なロジックや考え方を理解してもらうことで、より合理的にページ最適化の作業 をおこなえるようになるからです。
テキスト要素を整える上で意識してほしいことは次の2つです。
①個々の情報の論理的意味を明確にしよう
②ページが何について記述しているかを明確にしよう
ここで「明確にする」相手とは、訪問者である「人」と ページ を読み取り分析するソフトウェア(機械) の2者です。
特にウェブデザイナーや制作者のみなさんは、自分が作成した ページがブラウザにおいてどう表示されるかという観点でソース コードを記述していると思いますが、 SEO対策 を意識し、かつ人にも アピールするテキスト(ページ)を作成するのであれば、閲覧者 は「人」と「機械」の2者であるという意識を持って取り組んでく ださい。
-個々の情報の論理的意味を明確にしよう みなさんは新聞を読む時どのように読みますか?経済面だけは 欠かさず毎日読むとか、私はスポーツ面しか読まないとか、色々 なスタイルがあると思います。でも 、共通してみなさんはきっと 、 各記事の大きな文字で書いてある見出しを見た上で記事を読むか 読まないかを判断しているでしょう 。

なぜ私たちは見出しを見て記事を読むか読まないかを判断でき るのか。それは見出しさえ見ればその記事の趣旨 ・内容を推測す ることができるからです。 どんなに長い文章の記事であっても、 その見出しには重要なキーワードが入っているので、ある程度は 推測できてしまうわけです。つまり 、見出しには記事全体におい て重要となるキ ーワード が入っているということですね。

ここでSEO対策 の話に戻りましょう。ネッ ト上 には数百億ものウェ ブペ ージが存在します。それらをロボット型検索エンジンはクローラーを使ってページを収集し、その内容を分析します。分析する時には、各ページにおいて重要な意味を持つキーワードがどれなのかをアルゴリズムを使って判断しなければいけません。それができないと 、ユーザーが検索した時に適切な検索結果を返してあげることができないからです。 しか し、分析対象となるページは私たち人が書いたものです。それならば「人が書いた文章 において、重要な言葉が入りそうな箇所」を何らかの方法で特定 して、そこにある言葉を「ページと関連性がある言葉」として評 価してあげればいいわけです。
私たちが書く文章において、全体を通じて大事な意味を持つ言葉が入りそうなのはどこかというと、先ほど新聞の例であげたよ うな「見出し」や箇条書きした項目、太字や色を変えた文字など でしょう。文章と全く関係ない見出しや小見出しを作る人は普通いませんし、意味もなく太字にして目立たせるようなことはあり えないからです。こうした「この言葉は重要ですよということ を人間ではなく検索エンジン (クローラー )に対して効率よく伝達するカギとなるのが、論理構造を表すタグなのです。
例えば、 title ( TITLEタグ ) やh ( h1タグなど)、 p (Pタグ) といったものを駆使して、ク ローラーに重要な情報、そうでもない情報をきちんと伝えてあげ ることで、関連するキーワードで適切に (高い)評価 をしてもら うことができます。
おすすめサイト:格安SEO対策なら東京SEOメーカー