Live Searchとして展開されていたMicrosoftの検索エン ジンが Bingというブランドでリリースされました。 それ以降アメリカでの Bingの検索エンジ ンシェアが 10 %を超えた、 というニュー スが伝えられています。 アメリカでは Googleが好調で Yahoo! のシェアが下降線をたどって いたので、 それだけでも大きな話題となりました。 Microsoftが、Bingのマ ーケテイングに予算を投じたことが功を奏したのでしょう 。日本でリリー スされた Bingの中身は旧Live Search のエンジンのままで、 検索結果の特徴や精度に関して、あまり大きな変化は見られませんでした。そのことが理由なのか、日本における Bingのシェ アは 、アユダンテでさまざまなクライアン卜のログ分析を行った実績でいうと、おおよそ3%前後だと思われます。米 Yahoo! とMicrosoftの検索事業提携によって、 Yahoo JAPANの検索エンジンが Bing になるかもしれない、というのです。 Yahoo! JAPAN は日本では最も大きな シェアを占める検索エンジンですから、その影響は大きい 。クライアントの方からも、よくYahoo! JAPANがBingに変わったらどうなりますかという質問を受けます。 そんなときは、私は Yahoo! JAPAN でも Bing でもSEOの本質は変わりませんと答えています。 もちろん、細かい部分では Yahoo! の影響度の変化やアルゴリズムの差異があるので対策を考える必要はあるで しょうが、本質的に正しい SEOを行っていれば、あまり気にすることはありません。 日本の検索エンジンは 一体どう変わって いくのか。正式なリリースを楽しみに待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です