下の技法はCSSによって文字情報を画面外に飛ばしたり、見えなくしたりする方法です。このように、実際にはテキストがあり、検索エンジンのロボットにはわかるにも関わらず、ユーザー(人間)に対してのみ隠す方法はグレーゾーンの手法となりますので、極力控えたほうがよいでしょう。また、text-indent:-9999px ;については、グローパルナピゲーション等の限定使用にしておきましょう。以下の例は、テキストを四面外に飛ばすテクニックです。

例 1) text-indent:-9999px;

修正したコ-ドをチェックしてSEO最強体質にする上記の例は、画像に置き換える画像置換というテクニックで用いられることもあります。その場合、画像と飛ばしたテキストの内容が同じであれば原則問題はありません。

また以下の例は、CSSによってユーザーからはテキストが見えないようにするテクニックです。

例2) display:none;

例3) visibility:hidden;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です