2010年にYahoo! JAPANはGoogleの検索エンジンを導入することを発表しました。これにより、GoogleのSEO対策を行うことによって、結果的にYahoo! JAPANにもほぼ同じランキングが表示されるようになりました。このため日本のSEO対策は、Googleに向けて実施します。

検索エンジンシェアを見ると、Yahoo! JAPAN、Googleに続いてBingも3%程度ありますが、シェア自体が低いため多くの金業はBing向けのSEO対策は行っていないようです。

ここ数年で日本のSEO市場も大きく変わってきました。「成果報酬サービスと被リンク対策」という従来の構図から、ウエブサイトのコンテンツを強化することによって検察エンジンのアルコリス.ムアップデートに影響されにくい本質的な対策へと変化してきでいます。

この背景には、Googleが今まで以上に検索エンジ、ンスパムを排除し始めているという傾向があります。今後は、企業側のSEOに対する考えが問われていくことになるでしょう。

SEOを短期的な集客方法と捉えるのか、中長期的かつ継続的な集客方法と捉えるのかということによってSEOの取り組みかたが大きく変わってきます。そもそもSEOは、単純に検索エンジンのランキングを上げるということではなく、検索エンジンの自然検索から流入するトラフイツクを最大限に利用してウェブサイトの目標であるKPI(購買、問い合わせ、ページビュー)を達成することです。

日本のSEO業界はすでに大きな変換期に入っていると言えるでしょう。ここで他社に差をつけるには、ネットの先進国である欧米の企業がどのように取り組んで、いるのかを分析し、次の一手を考えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です