JavaScriptによる開閉パネルを使用しないと書きましたが、同械に遅延読み込みである「LazyLoad」についても、あまりおすすめできません。

これは、ユーザーがスクロールして、そのつど到達した時点で読み込みを実行するものです。読み込みを分割させることで表示速度の改善を狙っていますが、Googlebotはこれを苦手としています。先に述べた通り、そもそも、GooglebotがJavaScriptをよく理解しているかというと、疑わしい部分もあるのです。そのため、呪状で、はJavaScriptを用いた表現方法に依存してしまうことは、なるべく避けた方が無難です。

Googleの現段階における技術力も考慮に入れた施策が重要です。査定する相手が対応できる範囲内で、最大限のPRを行うことがSEOの王道なのです。時速200kmの球を投げられるピッチャーがいても、受け手のキャッチャーがいなければ役に立たないように、LazyLoadで表示速度を改善することができたとしても、Googlebotが理解しづらいものでは意味がないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です