現在進行形で検索エンジンの性能は向上していると思われています。特にSEOに携わっている人ほど、その思いは強いようです。中にはもう少しで誰もが満足する検索結果になるとか、「検索エンジンはサイトのすべてを読み通しており、真に良いサイトだけを上位表示させるようになる」と まで主張する人もいます。

確かに、以前と比べるとスパム的なサイトを見かけることが少なくなり、その精度は向上したといえるでしょう。しかし、だからといって誰もが満足するような性能にまでなるかといえば、それは多いに疑問です。まして検索エンジンがあたかも神様のようにすべてをお見通しなわけはなく、自ずと限界があるはずです。
検索エンジンは、 一部の目視判定を除き、 一律基準によって機械が順位を決めているものです。 機械の処理は、大量のサイトを1つの基準で公平に判定するには優れていますが、
キーワー ドによって調べたい物事が違うことに柔軟には対応できません。 一般消費
者が知りたいことと、その道のプロが知りたいことは違いますし、趣味で見たいタ
イプのサイトと調べごとをしたいときに見たいサイトは違うはずです。それらを単
に混ぜて表示すればいいというものでもありません。
さらに文章やデザインの質までわからない部分を被リンクで判定しようとしていますが、それにも大きな限界があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です