検索キーワードを絞り込むときには、実際にGoogle検索で、選んだ検索キーワー ドを使って検索をしてください。そして検索結果にどんなwebページが表示されてい るのかをチェックしてください。検索している人が多くても、検索結果に表示されているwebページが、あなたの商品やサービスと関連性が弱いこともあります。 たとえば「税理士」で検索をすると「税理士の資格取得」に関するwebサイトが多く表示されます。これが「税理士地域名」になると検索結果に表示されるwebサイトがガラッと変わります。このように、実際に検索をしてみることで見えてくることがあるので、必ず、選んだ検索キーワードを使って検索してみるようにしましょう。 ただし、検索エンジンはあなたの閲覧履歴を元に過去に訪問したwebページを優先的に表示したり、位置情報を参照したりなど、検索結果をカスタマイズしています。い つも通りに検索をすると、公平で客観的に、検索結果をチェックすることができません。 その場合、閲覧履歴や位置情報などの影響を受けない検索結果を調べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です