ベージ数を増やしたいがために、ユーザーが行った検索の結果というものを、そのままインデックスさせているサイトというのを目にする機会も多いのではないでしょうか。このようなサイトは、ページ数が多ければ多いほど検索エンジンの評価が上がり、流入が増えると考えられていた時代に作成されたサイトがほとんどであるといえるでしょう。確かに、このようなサイトがSEO的に優位に働いていたという事実は否定できないでしょう。しかし、それを現在でも通用すると思っているとすれば、大きな間違いであると言えるでしょう。近年では、質の悪いページばかりを増やしたところで、検索エンジンからの評価が上がることはないといえるでしょう。それどころか、低品質のコンテンツであると認識されてしまい、ガイドラインの違反行為とみなされる危険性もあると言えるでしょう。最悪の場合、順位どころか、インデックスからも削除されてしまう可能性もあるため、注意しておく必要があるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です