imgタグで画像を表示

画像を表示するには、 imgタグのsrc属性に、画像ファイルのパスを指定します。Webペー ジに使用できる画像はJPEG (拡張子jpg)GIF ( 拡張子gif)、 PING (鉱張子png) のいずれかです。 デジタルカメラで録影した写真は通常 JPEG です。パス名は半角英数字で、 大文字・小文字の別は実際のパス名に使われて いるものにあわせます。 src属性を指定するだけでブラウザには画像が表示されますが、仕様上は alt 属性に、代替テキス卜を指定す ることになっています。代替テキストとは画 像が存在しない場合や、画像を表示できない環 境で、画像ファイルのかわりに表示されるテキ ス卜のことです。サンプルは、 HTML ファイル と同一階層( 同一フォルダ内) にある画像を表 示しています。ファイル名が間違っている場 合など、画像が表示できない場合は、代替テキ ストが表示されます。

画像が表示されない

画像が表示されないトラブルは多くの場合ファイル名を間違えていることが原因です。実際のファイル名と、HTML の記述が違っていないかどうか、もう一度確認しましょう。また,HTML ファイルと画像が同一階層にある場合ですが、例えば画像用に別のフォルダを通作ってそこに画像を保存しているような場合は、パスの指定を適宜変更する必要があります。例えば、画像を読み込む HTML ファイルと同一階層に [IMAGE] フォルダがあり、そこに画像がある場合は、画像のパスの指定をフォルダ名/ ファイル名のように変更します。

サーバーにアップしたら画像が表示されなくなった

パソコンでは画像が正しく表示されるのに、サーバーに転送したら表示されなくなった、という場合は、最も多い間違いがファイル名の大文字と小文字の遣いです。同じアルファベットの大文字と小文字 は、パソコン上では文字として認識されていますが、サーバーでは別の文字として認議します。画像のファイ ル名を含めたパス名は大文字・小文字も含めて実際の文 字と一致するように記述します。ほかに転送が正しく行 われなかったケース、パソコン上と遣うフォルダ構成にしてしまったケースなども考えられます。