SEO対策のメリットとして挙げたいのは、費用対効果が高いという点である。バナ一広告やテキスト広告などの広告枠は、表示1回あたり いくら、月額固定でいくら、あるいは1クリ ックあたりいくらという形式が一般的だ。 もちろん契約期聞が終われば、広告は表示されなくなる。広告が表示されている限定された期間にどれだけ多くのユーザの目に触れられ、どれだけのユーザがサイトを訪れ、どれだけのユーザが顧客に転換されるか(コンバージ ョンされるか)が勝負だ。広告費用を誘導数で割ったクリック単価や、広告費用をコンバージョン数で割った獲得単価などを指標に、 費用対効果が算出されることが多い。 一方でSEO対策は、掲載費用がかかる広告とは異なる。どれだけ表示されよう が、どれだけクリックされようが、それに対するコストは1円もかからない。 もちろんSEO業者に発注するとそれなりのコストはかかるが、 SEOは広告ではないので、契約期聞が終わるとすぐに全く表示されなくなるというもので もない。また、 SEO業者の施行内容にもよるが、業者に支払うのは広告費で はなく、検索にヒットしやすくなるようサイトの基盤構造を最適化するための費用であり、その効果は一定期間に限定されるものではない。 逆に、 SEO対策のデメリッ卜を挙げるとすれば、 SEO対策を行ったからと言っ てすぐに効果は出ない、という点だ。例えばバナー広告やテキスト広告は、 広告枠を押さえ広告の掲載が開始されてしまえば、まもなくあなたのサイト に相応のトラフィックをもたらすことになるだろう。しかし、 SEOの場合は、 Yahoo ! JAPANやGoogleなどの検索工ンジンが更新されるのを待たなければ ならないため、すぐに検索結果順位を上げ、 トラフィ ックを増やすことは難 しい 。もし広告と同じように、クリ ック単価や獲得単価といった指標で費用 対効果を測る場合は、半年から1年単位で考える必要があるだろう。