SEO対策のライティング

文章の書き方の工夫で、コンテンツ最適化は可能です。 SEO対策をこれから学ぼうという初心者の方のために、検索エンジンがキーワー ドとページの関連性をどういった観点から判断しよ うとしているかを解説します。しかし、そうした技術的な話と 、実際にみな さんがどのようにページに掲載するコンテンツを作るべきかは全く別の話だという点に注意してください。特に企業のウェブやマーケティング担当者であれば、実務で SEO対策に携わる担当者と、ページに掲載するコンテンツを作成する 担当者が異なるというケースは多々あるはずです。また、コンテ ンツとは第lに 「人 」である訪問者に閲覧 して もらうものであり、 その延長として機械にも理解してもらう ためにはどうすべき かを考えなければいけないはずです。人にも機械にも情報の意味が伝わりやすい文章の書き方とは、 どんな書き方でしょうか。それを実現する手段のlつであり 、筆者が日常的に意識している方法として、 英文ライテイングには、例えば次のような技術があります。
①文章の主題・主張は 1つにする
読み手に対して明確に自分が主張したいことを伝えるために、 文章全体を通じて言いたいこと、伝えたいことは何かを明確にし ます 。そのために、全体のトピ ック ( =主題)はlつにします。
②結論を先に書く(結論を先に述べる)の原則です。日本人 は起承転結といってダラダラと説明して最後に結論を言 うことが 多いですが、欧米人は結論を先にします。そのため、文章全体も、 結論を先に書く傾向があります。
長文の英語論文を読む場合、 一番最初の段落と最後の段落を読むだけで、執筆者の伝えたいことの概要を把握することが可能な のですが、これは結論が先に書かれているためです。
③1つの段落に、 1つの主張
文章を複数の段落で構成する時、 1つの段落に1つの主張を必ず入れます。段落とは話のまとまりの単位なのですから、特別言いたいことがないなら段落を分ける必要はありませんね。
④ 段落ごとの主張は、先頭文に 段落ごとに伝えたい主張は、必ず最初のl文、または最後の l文 に入れます。例えば、いまみなさんが読んでいる英文ライテ イ ングの説明のページはすべて、最初の第1文に要約の説明が入っていますね。②で触れた「結論を先に述べよ」の原則は段落単位 でもおこなわれます。
以上が英文ライティング技術の一例ですが、こうしたルールに 基づいて執筆 されていると、何ページにもわたる長い英文であっても、最初と最後の段落の全文と、各段落の最初の1文に目を通す だけで、文章全体の主張と、その主張をサポート するための論理 展開を把握できるようになります。
検索エンジンは、人が書く文章の特徴を理解して、重要なキー ワードが出現しそうな箇所を特定し、それがページ全体のコンテ ンツと関連性が高いだろうという判断をします。
ここで英文ライテイングの特徴をもう l度、思い出してください。 英文ライティングのルールにしたがって文章を書いた時と、検索 エンジンが論理構造上、評価する箇所が一致しますね。アルゴリ ズムは、文章が一定のレベルで論理的に記述され、 title 要素やh要 素は文章の論理構造を反映して使用されるという前提にたって設 計されています。英文ライティングの技術を利用して文章を書き、 論理構造をマークアップすることでコンテンツが自然と検素エン ジンに最適化されることになります。一方で、英文ライティングは「読み手にわかりやすく、適切に 伝える」ための技術ですから、これにしたがって書いた文章は人 に対しても伝わりやすくなります。このように文章の書き方を工夫することで、人にも機械にも情 報を適切に伝える土台を築くことができるのです。